社団法人日本誘電体学会

menu

強誘電体会議(FMA) 2020年5月27日(水)~5月30日(土)

皆様もご存じの通り、2020年4月7日に新型コロナウイルスの蔓延で緊急事態宣言が出されました。 これにより今年のFMAは開催を見合わせなければならない状況となりました。 日本誘電体学会の発足初年度にこのような事態になることは、極めて残念でありますが、 これも試練と受け止めて誘電体研究者の皆様のご協力で乗り越えていかなければなりません。 つきましては、FMAの発表および参加は下記のような取り扱いにしたいと考えていますので、 是非とも、ご協力をお願いします。

1) 口頭発表はできませんが発表は成立するものといたします(これは他学会も東日本大震災の時も同様の取り扱いです)。 誠に申し訳ありませんが、発表予定者は下記の参加費のお支払いをお願いします(例年に比べ大幅に減額しています)。
  会員:8,000円、学生:3,000円、非会員:13,000円(予稿集含む)
2) 発表者以外の皆様にも是非ともFMAへの参加をお願いします。口頭発表が無いのに参加するのはどうかというご意見はごもっともです。 しかし、今年のFMAは大幅赤字になることが想定され、FMA継続のためには、是非とも皆様のご協力が必要です。
3) 2020年4月8日の時点で既に参加費をクレジットカード決済された方はキャンセル手続きをしますので、改めて上記の参加費の支払いをお願いします。
4)JJAP特集号は例年どおり発行します。発表者からの積極的なご投稿をお待ちしております。
5)特別セッション、特別講演、招待講演、チュートリアルは原則としてそのまま来年度に延期します。
6)発表者に限らず、一般の参加者も、是非、日本誘電体学会への会員登録をお願いします。
   http://www.dielectric-jpn.org/new_member.php
日本誘電体学会(DESJ)は誘電体研究者のマザーポートとなる新しい学会で、若い研究者を中心に運営する民主的な学会を目指しています。 今年は既に3件の国際会議の主催が決まっています。第1回総会はFMA37を開催する予定だった期間に行います。会員の皆様には詳細な資料を配布しますので、学会のポリシーや運営状況や全てわかります。どうかよろしくお願いします。

日本誘電体学会会長、FMA運営委員長 鶴見敬章

強誘電体会議(FMA)トップページ
強誘電体会議(FMA)参加申し込み
参加費支払いの前に必ず参加申し込みをしてください
強誘電体会議(FMA)参加登録費支払い
(日本誘電体学会の会員割引を使う場合は、 まず、ここから会員登録の申し込みをしてください。なお、会員として正式に登録されるには申し込み後、2-3日が必要になります。)